国内屈指のジャズ・フュージョン系アーティストが一同に会したスーパーバンド、OBATALA SEGUNDOのスタジオ録音盤『LA DECISION NUEVE』ついにリリース!

obatala segundo la decision nueve 
1997年にOBATALAとしてスタート。P-VINEからファーストアルバムをリリースし、1万枚のセールスを記録。2007年に第2期OBATALAとしてOBATALA SEGUNDOと改名、
2014年7月、結成7年目にして、ジャズ/フュージョンファン待望のスタジオ録音盤をついにドロップ! 日本を代表するジャズ、フュージョンのフィールドで活躍するメンバーで
構成されたトロンボーン奏者中路英明が率いるスーパーバンド、OBATALA SEGUNDO。 LA DECISION NUEVE(9番目の決意)と冠された本作は彼らの強い意志と覚悟に
裏打ちされた、シリアスで、美しく、儚いながらもラテンテイストなダンサブル楽曲が並ぶ。ジャケットに採用された手もメンバー6人によるもの。 
限定アナログ12インチレコードのアルバムサンプラーには日本が誇るベースミュージッククリエイターMystica Tribeのリミックスを収録。 

発売日:2014年7月16日 
アルバムタイトル:LA DECISION NUEVE(9番目の決意) 
収録曲:1.GEN,GEN,GEN  2.AM 3.DELTA PORTE 4.GRACIAS  5.NORTH SIDE SUITE  PRELUDE~SOFTLY&KINDLY~WINDS BREEZE~LONGING~NEMURO SONG
6.OBATALA  7.LA DECISION NUEVE
 レーベル:FIRST CALL RECORDINGS 
定価:3000円(税抜) 

7月16日の発売日に合わせてリリースパーティを渋谷LOOPにて開催、8月からはツアーで全国11箇所をを回る予定。
詳細情報は追って公開します。昨年の霞町音楽会でも来場者の度胆を抜いたスーパーバンドがいよいよベールを脱ぐ。
      
アルバム1曲に収録されるGEN GEN GEN





     ■OBATALA SEGUNDO プロフィール■
元オルケスタ・デラルス、現在熱帯JAZZ楽団やサルサスインゴサで活躍中のトロンボーン奏者中路英明が、1997年からオバタラという名前で活動を始め、メンバーチェンジ
に伴い2007年よりオバタラ・セグンド(第二期オバタラ)に改名。 現メンバーはギター鈴木よしひさ(本多俊之、マンデイ満ちる、他)、ピアノ伊藤志宏(HEX、Shima&Shikou
 DUO、他)ベースやぢまゆうぢ(野呂一生インスピリッツ、宴、他)、パーカッション大儀見 元(サルサスインゴサ、DREAMS COME TRUE、他)、ドラム平川象士(熱帯JAZZ
楽団、向谷実メロディーズ、他)が参加   
Comments